浮気調査の探偵ポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯やスマホの着信履歴から分かる浮気や不倫の法則とは?

    

携帯やスマホの着信履歴から分かる浮気や不倫の法則とは?

携帯電話やスマートフォンが登場し、それが進化したことで、昔よりも浮気や不倫がしやすくなったのかもしれません。裏を返せば、浮気や不倫の証拠は携帯電話やスマホの中に隠れているとも言えるでしょう。

今回は、特に携帯電話の着信履歴、ここからわかる浮気や不倫の可能性、あるいは、浮気や不倫をする人がついついしてしまう法則などについて取り上げてみたいと思います。

着信履歴であれば、メールなどの中身よりもずっとチェックしやすいでしょう。パートナーがトイレに行っている間、お風呂に入っている間、寝ている間などにチェックし、浮気や不倫をしている可能性がないかを見出しておいてください。

もし怪しい点が発見されれば、今後さらに本格的な調査に乗り出す必要も出てくるかもしれません。

店名や「非通知」からの着信は疑いましょう

携帯電話やスマートフォンに誰かを登録する時、それらの持ち主が自由にその登録名を考え決定することができます。当たり前の機能ですが、これを使って浮気や不倫の相手であることを隠そうとする人もいるので気を付けましょう。

個人を、飲食店の名称や企業名で登録している人もいます。もしパートナーがこれをしていれば、明らかに浮気をしています。断言してもいいでしょう。特に、見たことも聞いたこともない飲食店名や企業名が着信履歴に残っていたら、それを番号とともに控えておくこと。

同じように「課長」や「部長」といった登録名からの着信が残っていた場合にもチェックを怠らないでください。それ単体が登録名になっていれば余計に怪しいですし、名前は一応付いているけれども、実際に聞いている課長や部長の名前と違っていれば、それもまた疑わざるを得ません。

浮気や不倫をしている人がしばしばやりがちなのが、その相手を「非通知設定」という名前で登録すること。こうすれば、着信履歴には「非通知設定」と表示されるため、パッと見ただけでは多くの人は浮気などを疑いません。もちろん、それが狙い。

相手は疑われないようあの手この手を使ってきているわけですから、あらゆる可能性を考えた上で着信履歴のチェックをしなければいけないのです。

浮気や不倫を実際にしており、しかも常習性がある人であればあるほど、上記のような策を講じてきます。これは一種の法則のようなものですから、怪しいと思った着信履歴が残っていれば、その登録名と番号を必ず控えておきましょう。

電話をかけてきている回数や時間帯に注目

上で示した怪しい登録名たち。一見怪しいと思わなかったとしても、その頻度や時間帯をチェックすれば、浮気や不倫の可能性が徐々に見えてくるはずです。

まず、電話がかかってきている回数に注目。特定の飲食店や企業から何度も電話をかけてきていれば、これはさすがに怪しいことに気が付くでしょう。そもそも、飲食店や企業などから個人に着信があるというのは、通常考えづらい。仕事柄その可能性がある場合もあるかもしれませんが、あまりにも着信回数が多ければ、仕事以外の繋がりがあると考える方が自然。

上司などからの着信も同様です。「課長」から毎日のように頻繁に電話が入っていれば、それは不自然極まりない。「課長」と登録しているだけで、実はそれは浮気相手かもしれません。

時間帯にも注目しましょう。

登録名が自然であっても、例えば着信履歴に残っている時間、これが朝早かったり、逆に夜遅い時間であれば、若干疑いの目で見てみるべき。仕事の電話や友人からの電話が朝早くかかってくることは稀でしょうし、夜遅い時間であっても少し違和感が残ります。

特に、その電話をしてきている相手が、いつも同じ時間帯に着信を残しているのであれば、その人とは何か特別な関係であると考えるべきです。

これぞ法則と言えるかもしれません。浮気相手にも生活パターンというものがあります。それに沿って電話をかけてきている可能性が高く、そこから浮気や不倫を見破ることができる可能性が十分に出てくるのです。

着信履歴を眺めながら、何かパターンが隠れていないかを探ってみましょう。頻繁に浮気をしていればいるほど、そのパターンが目に見える形で現れてくるはずです。

着信履歴を削除しているかもしれません

携帯電話の着信履歴を削除されてしまうと、誰から電話がかかってきたのかわかりません。しかし、着信履歴を削除していれば、それは浮気や不倫をしているという法則が、ここに成り立ちます。

やましいことがなければ、着信履歴を削除する必要性が一切ないからです。

メールなどであれば、やましいことがなくても削除することはあるでしょう。仕事上のことや友人とのやり取りで、しかし今後もう必要ないと感じれば、フォルダを整理するためにそれらを削除していたとしても、その行動はまだ理解できます。しかし、着信履歴の削除は理解不能。

例えば、50件の着信履歴が残る携帯電話があったとしましょう。日々使用していれば、あっという間に50件など超えてしまいます。にもかかわらず45件しか着信履歴が残っていなければ、5件消したことは明らか。

その5件は、浮気や不倫をしている相手と考える他ありません。

できれば、残っている着信履歴もチェックしておきましょう。なぜなら、その中には浮気や不倫相手はいないと考えられるからです。仮にいたとしても、記録を残しておいて損はないはず。

また別の機会に着信履歴や携帯電話に登録されている人たちをチェックした時に、あらかじめ記録しておいた名前と照らし合わせれば、それに該当しない人が浮気相手である可能性が高く絞り込みやすくなります。発信履歴と照らし合わせてみるのもいいでしょう。

このように携帯電話には浮気や不倫に関する情報が詰まっていますから、こまめに記録を取り、徐々に核心に迫っていってもらいたいものです。

着信履歴からわかるのは浮気や不倫の可能性

ここまで、携帯電話の着信履歴を参考に浮気や不倫をしている可能性を探る方法などを紹介してきましたが、これらの方法でわかるのは、あくまでも「浮気や不倫の可能性」に過ぎません。これは頭に入れておきましょう。

浮気や不倫をしている絶対的な証拠を掴むのはそう簡単なことではなく、ましてや着信履歴からではほぼ不可能。

しかし、上で紹介した方法や法則を知っていれば、パートナーの浮気や不倫の核心に迫る、そのスタートラインには立つことができるはず。是非、立ってください。そうしなければ、ゴールに辿り着くことはできません。

相手の携帯電話やスマートフォンを探るわけですから、慎重さも失わないようにしましょう。1度だけではなく、何度もチェックや記録を繰り返すことで見出すことができる、パートナーだけの法則やパターン。それを知ることが重要です。

だからこそすべての作業を慎重に行い、途中でバレたりしないように気を付けなければいけません。

この記事に共感できたら

こちらのページもおすすめ

浮気や不倫の兆候とは?誰にもバレずに簡単に見破る方法

浮気や不倫の兆候とは?誰にもバレずに簡単に見破る方法

浮気や不倫をしている人は、何かしらのサインを出しているはずです。浮気が悪いことと認識していればそのサインが、不倫をして浮ついていればそのサインが、必ずそれらが発信されているのです。全くサインも出さずに浮気や不倫をすること …

浮気や不倫の離婚裁判で絶対に勝つために必要な証拠とは?

浮気や不倫の離婚裁判で絶対に勝つために必要な証拠とは?

パートナーに浮気をされてしまった…かもしれない。 話し合いではもはや埒が明かず、また、できるだけ決定的な勝利を収めたいと考えた時には、離婚裁判によって決着をつけなければならないケースも出てくるでしょう。 裁判をするという …

旦那の不倫が発覚!浮気相手に本気でも離婚させない方法とは?

旦那の不倫が発覚!浮気相手に本気でも離婚させない方法とは?

恋愛ものやサスペンスドラマを見ていると、時々出てくるセリフがあります。 「妻が離婚してくれないんだよ…」 不倫している男性が、愛人に困ったように言うヤツです。これはドラマだからではなく、事実を現しています。不倫をしている …

浮気不倫の平均的な調査期間は?探偵に最短で証拠入手してもらうコツもご紹介

浮気不倫の平均的な調査期間は?探偵に最短で証拠入手してもらうコツもご紹介

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、当然ですが、一般人にとってはすぐに用意できないほどの調査費用がかかってしまいます。この調査費用は、主に調査期間によって決定します。つまり、調査が長引けば長引くほど費用が高くなるのです。 …

浮気相手の名前・住所・携帯番号をバレずに調べる方法とは?

浮気相手の名前・住所・携帯番号をバレずに調べる方法とは?

夫、妻、彼氏、彼女など、自分のパートナーが浮気をしていれば、その相手を知りたくなるのが人間というもの。ただ、パートナーは浮気相手どころか浮気や不倫をしていることすら隠そうと懸命になっているはずですし、浮気相手も自ら名乗る …

ユーザーの口コミ評判で選んだ探偵事務所・興信所のおすすめランキング