浮気調査の探偵ポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気調査の人員や時間単価とは?一般的な料金相場をご紹介

    

浮気調査の人員や時間単価とは?一般的な料金相場をご紹介

浮気調査の費用は、各探偵事務所を比較することで、どこが安くてどこが高いのかをある程度把握することができます。

しかし、そもそも探偵事務所に浮気調査を依頼した時にかかる料金の一般的な相場を知らなければ、本当に正しい選択をすることはおそらくできません。正しい選択には比較対象となる基準、つまり、一般的な料金相場が必要となるのです。

浮気調査にかかる費用の相場を、ここで学んでおきましょう。各探偵事務所同士の比較はもちろん、一般的な相場とも比較しながら依頼先を選べば、少なくとも調査費用に関して失敗してしまう事態は避けられるはずです。

浮気調査で主流の料金システムとは

浮気調査料金の相場を知る上で頭に入れておきたいのが、浮気調査の一般的な料金システムです。探偵事務所ごとに違いはありますが、ここでは最も主流となっている料金システムについて紹介します。

それは、1時間あたりの料金を単価として提示し、それを調査時間と掛けることによって最終的な費用を算出するというシステム。この時間単価によって計算するシステムは多くの探偵事務所が採用しており、料金の比較をする際にも度々目にすることになるでしょう。

この料金システムのメリットは、調査にかかった分のみ請求されるという点。パック料金の場合には、調査が早く終わったとしても全料金を支払わなければならないケースもあり、場合によっては依頼者が大きな損をしてしまいます。1時間単位で料金が決まっていれば、そうした余計なお金を支払う必要がなくなるのです。

デメリットとしては、浮気調査の料金を安く感じてしまうこと。1時間ごとの単価表示になっていますから、その額だけを見ればそこまで高くは感じないでしょう。しかし、それはあくまでも最小単価の表示なので、トータルの調査料金とは大幅に異なります。この点に注意しながら料金比較等を行っていく必要があるのです。

また、この料金システムを採用している多くの探偵事務所が、1人の調査スタッフにつき1時間あたりの料金がいくらかという形で提示しています。つまり、時間だけではなく人数に関しても最小単位での料金提示となっているのです。

探偵事務所によって料金提示の仕方はかなり異なってきます。ただ、大きく書かれている数字だけに気を取られてしまうと誤った判断をしかねません。適切な料金で浮気調査を遂行してもらえるよう、詳細な料金システムにも目を向けながら比較をし、依頼先を決定するようにしてください。

1時間あたりの調査費用の相場

探偵業界で主流となっている料金システムは大体わかったと思います。問題は、1時間あたりにどれだけの調査費用がかかるのか。この点について見ていきましょう。

あくまでも相場ですが、浮気調査の場合、1時間あたりの料金は7000円前後となっています。安いところは4000円台からありますし、高いところでは1万円ほどのところもありますが、平均すると6000円台から8000円台となるため、相場は1時間7000円前後と考えておいて問題ないでしょう。

これはあくまでも時間単価であり、上で触れたように、調査スタッフ1人あたりの料金の相場です。また、この料金には調査スタッフの人件費はもちろんのこと、機材費や車両費、交通費や報告書の作成費などが含まれていることが多く、特別なことがない限りは、別途諸経費を請求されることはほとんどありません。

ただ、探偵事務所によっては経費が別途請求されることもあるので、提示されている料金には何が含まれているのかの詳細なチェックは欠かさないように注意してください。

もう一つ、「1時間4500円~」や「1時間あたり5000円から」という表示を見かけた時には注意しましょう。これだと相場よりも安い料金に感じますが、最後に「~(から)」が付いている点に注目。この4500円や5000円というのはあくまでも最低料金であり、調査内容によってはそれよりも高くなる可能性があることを示しています。

広告やチラシだけではなく、浮気調査に関する相談をした時に出してもらう見積もり、これを見てからその探偵事務所の調査費用の実態を把握し、その上で高いか安いかの判断をしなければいけません。

浮気調査に調査員は何人必要?

1人の調査スタッフにつき1時間あたりの料金相場はなんとなくわかったのではないでしょうか。次に気になるのは、では、浮気調査とは一体何人で行うものなのかという点。調査に駆り出される人員を無視して料金を考えることはできないことを知っておきましょう。

1人で浮気調査を行う探偵事務所はほとんどありません。必ず複数で行いますが、問題はその人数です。人数が変われば、当たり前ですが調査料金も変わってきます。2人になれば1人分の料金の倍が必要となり、3人になれば3倍ですから、この人員数がどれだけ浮気調査の料金に影響を与えるのかはわかるはずです。

浮気調査に動員される人数は、通常2人、もしくは3人。探偵事務所の方針によっても変わってきますし、どの人数が適正なのかは業界内にも賛否両論あるため一概には言えません。2人の調査スタッフで行われるケースが多いようですが、3人のところもあり、また、4人体制で調査を行う探偵事務所もあります。

調査料金が気になる人は、スタッフ2人での調査をお願いしたいと思うでしょう。しかし、人数が少なければ、それだけ証拠を押さえるためのチャンスを逃すリスクが高まり、また、調査スタッフを多く動員すれば少数で動くよりも早く調査が完了し、結果的に費用がかからずに済むという考え方もあります。これは、容易に答えが出せるような問題ではないのです。

2人の調査であっても、短時間で証拠を掴む能力と実績を持っている探偵事務所であれば、依頼者側にとってそれほど嬉しいことはありません。そうしたところと出会えるかどうかも、調査料金を左右するポイントとなってきそうです。

ただ、4人以上動員するところは控えた方がいいかもしれません。浮気調査に4人は多すぎます。人ごみでの尾行であれば考えられなくもありませんが、常に4人での尾行を行う探偵事務所との契約は、少し考えてからにすべきでしょう。

浮気調査に必要な費用の相場とは

ここまで、浮気調査の一般的な料金システムと、そのシステムでの単価相場、そして調査に必要な人数などを紹介してきました。これらは浮気調査にかかる費用を算出するためには不可欠な要素であり、依頼者は依頼前に知っておかなければならないことでもあります。

しかし、そもそも浮気調査にはどのくらいの費用がかかるのか、結局大事なのはここ。これももちろん探偵事務所ごとに大きく変わってきますが、結論から言えば、1日で7万円から8万円が相場となるでしょう。浮気調査は数日間に渡って行われるものなので、裁判で勝つための証拠を掴む必要があることを考えると、3日で20万円から25万円、5日で35万円から40万円ほどが、浮気調査にかかる費用となりそうです。

あくまでも一般的な相場とはなりますが、十分参考になるはず。この料金相場を基準に考え、また、各探偵事務所が提示する料金にどんな経費が含まれているのか、成功報酬システムなどはあるのか、こうしたことを総合的に見ながら最終的に安いのか高いのか、あるいは適正なのかを判断してみましょう。

この記事に共感できたら

こちらのページもおすすめ

車のガソリンの減りが早いのは浮気や不倫をしているから?

車のガソリンの減りが早いのは浮気や不倫をしているから?

パートナーが所有し、日々使用している車のガソリンメーターをチェックしたことはありますか?その車にどのくらいの量のガソリンが残っているのかを示してくれているものです。 最近、もしこのガソリンメーターの減りが早いなと感じたら …

風俗は浮気?離婚して慰謝料や養育費は取れるのか?

風俗は浮気?離婚して慰謝料や養育費は取れるのか?

もし自分のパートナーが風俗に通っていたら…。考えただけでも怒りがこみ上げてくる人もいるでしょう。 風俗に通うことを浮気と捉える人は多いと思います。しかしそれは、例えば会社の同僚やナンパ・合コンなどで知り合った人と浮気をす …

浮気調査の無料相談やカウンセリングで絶対に聞くべき事とは?

浮気調査の無料相談やカウンセリングで絶対に聞くべき事とは?

「パートナーに浮気をされているかもしれない」と思うと、人は普通ではいられなくなります。悲しみや怒り、戸惑いなどさまざまな感情が湧いてくるでしょう。 パートナーの浮気や不倫を決定的なものとするためには、探偵事務所などに浮気 …

浮気や不倫でセックスする場所はラブホテルだけじゃない

浮気や不倫でセックスする場所はラブホテルだけじゃない

浮気、不倫デートで使われる場所と言うと、ラブホテルが一番多いです。なんだかんだで一番便利でコスパも良く、出入りもしやすく清潔です。最近は嗜好を凝らしたラブホテルがあったり、まるでリゾートホテルのようだったり、ネットで予約 …

もしかして浮気相手に貢いでる?預金残高の異常な減り方は黒です!

もしかして浮気相手に貢いでる?預金残高の異常な減り方は黒です!

悪いことをするにはお金がかかります。浮気や不倫をするにも、お金はかかるものです。そのお金をどう捻出するのか、ここがポイント。中には預金を切り崩して、それを異性のために使う人もいるようです。こうなると、ただの浮気ではなく貢 …

ユーザーの口コミ評判で選んだ探偵事務所・興信所のおすすめランキング