浮気調査の探偵ポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気や不倫の証拠がなくても慰謝料の請求はできるのか?

    

浮気や不倫の証拠がなくても慰謝料の請求はできるのか?

自分の夫や妻が「浮気をしているのでは?」と疑ったとしても、証拠がなければ、それを証明することができません。離婚したいと思っても、相手が拒否をすれば実現させるのは困難でしょう。

そのような状態でも、果たして慰謝料の請求はできるのでしょうか。その可能性と、そもそも浮気や不倫をしていたことを証明する「証拠」とは何なのかなどについても考えてみたいと思います。

浮気や不倫と慰謝料の関係性とは

もし本当に自分のパートナーが浮気や不倫をしていることが発覚すれば、それは慰謝料の請求が可能ですし、それを支払ってもらうこともできるでしょう。

ここで一つ押さえておかなければならないことは、「離婚しなくても慰謝料の請求は可能であり、受け取ることもできる」ということ。

結婚していても、夫と妻は別々の存在です。一方に瑕疵があれば、それに対して慰謝料等を請求することができるのです。また、パートナーのみならず、不倫相手にも慰謝料を請求することが可能です。

次に知っておきたいのが、浮気や不倫における慰謝料の相場。回数や頻度など、また、どのような浮気だったのかや収入などによっても変わってくるものの、ごくごく一般的な相場を見てみると、50万円から300万円ほどとなっています。

高いと思うか安いと思うかの価値観も人それぞれだとは思いますが、仮に請求し、相手に支払い命令が下ったとしてもこのくらいが相場であると頭に入れておくといいでしょう。

浮気をされた側の精神的苦痛の度合いが著しく大きく、それによって身体に何らかの悪影響が出てきたなどの場合には、相場よりも高い慰謝料を受け取れることも考えられます。

証拠がなくても慰謝料は受け取れる?

パートナーに浮気や不倫をされたら慰謝料を請求でき受け取れる、これは間違い無いのですが、では、パートナーが浮気や不倫をしている証拠がない場合には、これらは可能となるのでしょうか。

話し合い(示談)や裁判など、いろいろと慰謝料を請求する方法はありますが、請求自体は可能なケースが多いでしょう。ただし、請求したからといって必ずそれを受け取れるとは限りません。

示談交渉を行っても、相手が折れなければ慰謝料は受け取れませんし、裁判を起こしたとしても、それに負けてしまえば当然慰謝料を相手から受け取ることはできません。

証拠がないということは、相手が折れない可能性と裁判で負ける可能性が高いということであり、やはり慰謝料を受け取るのは難しいと考えておくべきでしょう。

また、浮気や不倫をした確たる証拠がない場合、特にパートナーの不倫相手に、慰謝料の不当な請求を恐喝と捉えられ、逆に訴えられてしまうことも考えられます。そのリスクがあることも頭に入れておかなければいけません。

浮気や不倫の証拠となるもの・ならないもの

「パートナーが浮気や不倫をしたという証拠」というキーワードがこれまでにも出てきましたが、そもそも、浮気や不倫をしていたと認められる証拠とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

浮気や不倫というのは個人の価値観によってその境界線などに違いがあります。しかし、民法上では不貞行為、つまり性交渉(セックスやそれに準ずる行為)の有無によって浮気・不倫をしているか否かを判断します。つまり、手をつないだりハグをしたりキスをしたりなどは、これに含まれないわけです。

パートナーが浮気や不倫をした証拠というのは、形は何であれ、性交渉があったことを明確に示すものであると言えるでしょう。

わかりやすいのは、性交渉時のビデオや写真画像などです。これは、合成などの可能性もありますが、専門家の鑑定やその他の状況証拠などを合わせて間違いないと断定されれば、慰謝料を請求できる確固たる証拠となります。

性交渉をしていたのではないかと疑わせるメール、例えば、「昨日は気持ち良かった、またエッチしよう」などといった内容があれば、これも証拠となり、慰謝料の請求・受け取りに追い風となるでしょう。

写真や映像であっても、ホテルや不倫相手の家に出入りしているだけでは、「行ったけれども、性交渉はしていない」と反論されてしまう可能性があります。確かに、100%性交渉があったとは言い切れないので、証拠にならないとは言いませんが、これ単体のみでは不十分。

そうした写真や映像が複数出てきた場合、あるいはメールのやり取りなどの内容から、状況証拠を積み上げて慰謝料の請求・支払いにたどり着くというケースは十分に考えられるでしょう。

普通にメールをしているだけ、ふたりでレストランに行っただけ、パートナーが不倫相手にプレゼントを贈っただけ、これらのみでは幾ら集めても性交渉があった証拠にはならないので、慰謝料を受け取ることは難しいでしょう。

浮気や不倫の証拠がない状況で考えるべきこと

証拠がなくても浮気や不倫に関する慰謝料の請求は可能だが受け取りは難しいという点、そもそも浮気や不倫の証拠とはどういったものなのかという点について説明してきましたが、もしパートナーが浮気や不倫をしているという証拠を幾つも持っているならば、弁護士を雇い慰謝料請求に動き出してもいいでしょう。

もし浮気や不倫の証拠はないけれども、「きっとしているだろう」と感じ、慰謝料請求のためにどうしても確たる証拠が欲しいのであれば、相談すべき相手は弁護士の前に「探偵事務所」なのかもしれません。

多くの探偵事務所では浮気調査を行っています。疑わしい状況があるのであれば、それをまとめて探偵事務所に伝えることで、それを元に浮気調査を実施してくれるでしょう。本当に浮気や不倫をしているのであれば、その証拠もしっかりと掴んでくれるはず。

探偵事務所であれば、パートナーの浮気だけではなく、不倫相手の特定も請け負ってくれます。パートナーと不倫相手の双方に対して慰謝料請求が可能となる証拠を押さえてくれるはずです。

証拠を掴むことさえできれば、それを利用して即座に慰謝料の請求を行えますし、その証拠が非常に強いものであれば示談交渉でも裁判でも負けることはないでしょう。証拠などによっては慰謝料の増額の可能性も出てきます。

考えているだけでは始まりません

ただ悩んでいるだけでは、慰謝料を受け取ることはできません。何かしらの行動に出なければ、パートナーの浮気や不倫を食い止めることもできませんし、慰謝料を受け取ることもできないのです。

探偵事務所に浮気調査の依頼をするにしても、思い違いや勘違いだけでは調査費用をドブに捨てるようなもの。「きっとしているだろう」と感じた経緯や疑わしいと感じた状況などを下調べによってかき集め、また、まずは自分でできる情報収集を行いながら、それらを持って探偵事務所に相談に行ってみましょう。

浮気調査の末に手に入れた証拠を元に最終的に慰謝料を請求することになった時、示談交渉や裁判で使用する資料の作成、裁判での証言、弁護士の紹介等でも、探偵事務所はあなたの味方となってくれるはずです。

この記事に共感できたら

こちらのページもおすすめ

浮気調査費用の見積もりで基本料金に含まれる調査項目とは?

浮気調査費用の見積もりで基本料金に含まれる調査項目とは?

探偵事務所ごとに異なる料金システムですが、それでも多くは「基本料金」を設け、それが浮気調査費用の大部分を占めるところがほとんどです。ただ、この基本料金には明確なルールがないため、それぞれの探偵事務所の料金システムをしっか …

実家に帰省すると言って浮気?地元に友人が多い地方出身者には要注意

実家に帰省すると言って浮気?地元に友人が多い地方出身者には要注意

学生時代の恋愛が実って結婚したカップルだったり、たまたま巡り合った相手が地方出身者だとか、夫婦や恋人の出身地と現住所が遠いことはよくあります。そうなるとお盆やお正月休みに家族で帰省することがありますが、時々妻だけ、夫だけ …

コンビニのレシートが浮気の証拠に?お酒やお菓子はラブホテル持込かも

コンビニのレシートが浮気の証拠に?お酒やお菓子はラブホテル持込かも

本人は大したことはないと思っていても、実はそこから真実があぶり出されてしまうということがあります。コンビニのレシートのような些細なものであっても、それを適当に扱っていれば、そこから浮気や不倫をしていることがバレてしまうこ …

ラブホを下調べ?浮気や不倫はパソコンの検索履歴から分かる!

ラブホを下調べ?浮気や不倫はパソコンの検索履歴から分かる!

浮気や不倫をしている人が、どこで最もその行為を行っているかといえば、やはりラブホテルでしょう。 浮気相手が独身の場合にはその人の家で行うこともあるかもしれませんが、浮気相手も周囲に、パートナーがいる相手を連れ込んでいると …

浮気不倫の平均的な調査期間は?探偵に最短で証拠入手してもらうコツもご紹介

浮気不倫の平均的な調査期間は?探偵に最短で証拠入手してもらうコツもご紹介

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、当然ですが、一般人にとってはすぐに用意できないほどの調査費用がかかってしまいます。この調査費用は、主に調査期間によって決定します。つまり、調査が長引けば長引くほど費用が高くなるのです。 …

ユーザーの口コミ評判で選んだ探偵事務所・興信所のおすすめランキング