浮気調査の探偵ポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚調停で確実に慰謝料請求するなら浮気証拠や専門家が必要不可欠

    

離婚調停で確実に慰謝料請求するなら浮気証拠や専門家が必要不可欠

話し合いで離婚に関するすべてのことが解決できるなら、それに越したことはありません。しかし、例えば相手が浮気をしており、慰謝料を支払ってもらわないと気が済まないとなれば、単純に2人だけの話し合いでは解決にまでは至らないでしょう。

そこで次の段階である「離婚調停」に移ることになります。これも話し合いの延長線上にある場ではありますが、調停委員と呼ばれる人たちが間に入り、時には裁判官も参加して、2人だけでは解決できない事柄にも話が及びます。慰謝料の支払いに関する事柄もその1つ。

ただ、闇雲に慰謝料を請求することはできません。何の考えも策略もなしでは、慰謝料を受け取ることはできないでしょう。確実に慰謝料を受け取るために必要な事や物がいくつもあります。それを1つずつ見ていきましょう。

浮気が認められなければ慰謝料も受け取れません

離婚調停の場に話し合いが及んだ時、もし離婚するだけではなく相手から慰謝料を確実に受け取りたいのであれば、パートナーが浮気をしたとその場にいる誰もが認めなければなりません。少しキツイ言い方をすると、その場にいる誰しもに認めさせなければいけないのです。

もし浮気をしていたことを認めさせることができなければ、慰謝料を受け取ることはかなり難しいでしょう。そもそも、慰謝料の請求をすることすら困難です。

慰謝料が発生するための要素というのは他にもいくつも考えられますが、パートナーが浮気をしていることが原因で離婚を考えるのであれば、その他の要素を複数積み上げていって慰謝料を請求するよりも浮気を認めさせた方がずっと確実ですし、より多くの慰謝料を受け取ることにもつながるでしょう。

それだけ浮気は罪が重いのです。ここに焦点を当てて離婚調停に挑むことが、やはり慰謝料請求には必要となってきます。

慰謝料が認められるためには浮気の証拠が不可欠

離婚調停の場にいる人たち、例えば調停委員や裁判官、あるいはパートナーやその代理人にパートナーの浮気を認めさせるためには、「あるモノ」が必要ですよね。そう、浮気をしたという厳然たる証拠です。

絶対的な、もうどこの誰が見ても明らかで、揺るぎようのない証拠、これを離婚調停で提示することができれば、これはもう確実に慰謝料を請求できますし、その後、確実に慰謝料を支払ってもらうこともできるでしょう。

もし浮気の証拠を提示できなければどうなるでしょうか。当然、慰謝料の請求はできませんし、仮にしたとしても即却下。相手にもしてもらえない可能性が高い。当たり前ですよね。

離婚をするからといって、必ずそれに慰謝料がついてくるわけではありません。そもそも、普通慰謝料というのは、乱暴な言い方をすれば、悪いことをした側が悪いことをされた側に支払うもの。夫と妻がいれば、どちらかが悪くて、どちらかが悪くないわけです。もちろんそんなに綺麗に割り切れるものでもないかもしれませんが、どちらも悪いとなれば当然慰謝料の支払いというものは存在しないはず。

つまり、「相手が悪い!」と主張しなければ慰謝料を受け取る権利を手に入れることができないのです。その主張のための武器となるのが、「厳然たる浮気の証拠」。

何が何でも手に入れてください。そうしないと、慰謝料はゼロかもしれません。

入手したいのは何度も浮気を繰り返している証拠

「パートナーが確かに浮気をした証拠を手に入れた」、これで安心するのはまだ早いでしょう。確かにそれは離婚調停で慰謝料を請求するための武器にはなるかもしれません。証拠がないよりもずっとマシです。

しかし、1つの証拠で10度の浮気を証明したことにはなりません。相手が離婚調停の中で、「その1回しかしていません」と言えば、他に証拠が出てこない限り、裁判官も調停委員も「1回だけ」と認めざるを得ないでしょう。

それでどれだけの慰謝料が手に入れられるのか。もしかしたら、慰謝料が受け取れない可能性も出てきます。

手に入れておきたいのは、何度も浮気を繰り返しているという証拠。短期間のうちに3回の浮気現場を押さえることができれば、「きっとこれまでに10回や、それ以上はしているだろう」と思ってもらうことができます。そうなれば、浮気や不倫に常習性があると認められるので、慰謝料もより多く請求しやすくなるでしょう。

証拠が多いに越したことはありません。それが慰謝料の額にも大きな影響を与えると思っておいてください。

浮気の証拠獲得は専門家である探偵事務所に依頼

パートナーが何度も浮気をしていることを提示するための証拠を個人で全て手に入れるのは至難の業。というか、無理です。複数の確かな証拠を手に入れるためには専門家の助けが必要不可欠でしょう。

その専門家とは、探偵事務所などの浮気調査を行ってくれる人たちです。探偵社や興信所などと呼ばれるところに依頼すれば、専門的な知識や道具、方法などによって浮気の証拠を、それも、何度も不倫しているという確かな証拠を手に入れてくれることでしょう。

しかも、それを記録として残してくれます。写真になるのか映像になるのかは状況などによって異なると思いますが、探偵事務所は精密な機器を多数持っているので、それによって鮮明な記録として残してくれるはずです。

数だけではなく鮮明であることも実はとても大事。離婚調停に提示する時には、誰が見てもパートナーが浮気をしているとわからなければいけません。そのためにはハッキリとその姿などが映っている必要があり、そしてそれが決定的な証拠となるのです。もちろん、慰謝料も請求しやすくなるでしょう。

離婚調停に挑むなら弁護士の存在も必須

離婚調停に、ただ臨むだけなら専門家の助けはあまり必要ないのかもしれません。しかし、そこに「挑む」となれば、専門家の助けは必要不可欠です。慰謝料を請求し、それを勝ち取ろうと考えているならなおさらでしょう。

探偵事務所のようなプロに証拠を掴んでもらうことももちろんですが、実際に離婚調停に入れば、弁護士の助けも借りなければいけません。

弁護士がいるのといないのとでは大違い。探偵事務所が集めた証拠を論理立てて相手側に提示し、慰謝料に関する交渉を的確に行ってくれます。それを素人が全部やるのは困難ですから、間違っても1人で挑もうとは思わないこと。いくら証拠があっても、それは危険な行為。

相手がもし弁護士を用意しているのであれば、こちらも弁護士を立てないことには対抗できません。いつの間にか調停が終わっており、よくわからないまま慰謝料の請求もできず、離婚に際してこちらに不利な条件ばかりをつけられてしまった、なんてことにならないよう、弁護士という法律や交渉のプロと一緒に離婚調停に臨まなければならないのです。

弁護士は探偵事務所と関係が深い人を、その事務所に教えてもらったりすることも可能です。離婚調停に向けてどのような証拠が必要になるのかなど、探偵事務所や弁護士を交えて相談し、話し合い、そして調停の場に挑む。これが最も確実に慰謝料を受け取るための考え方となるでしょう。

この記事に共感できたら

こちらのページもおすすめ

実家に帰省すると言って浮気?地元に友人が多い地方出身者には要注意

実家に帰省すると言って浮気?地元に友人が多い地方出身者には要注意

学生時代の恋愛が実って結婚したカップルだったり、たまたま巡り合った相手が地方出身者だとか、夫婦や恋人の出身地と現住所が遠いことはよくあります。そうなるとお盆やお正月休みに家族で帰省することがありますが、時々妻だけ、夫だけ …

浮気や不倫の離婚裁判で絶対に勝つために必要な証拠とは?

浮気や不倫の離婚裁判で絶対に勝つために必要な証拠とは?

パートナーに浮気をされてしまった…かもしれない。 話し合いではもはや埒が明かず、また、できるだけ決定的な勝利を収めたいと考えた時には、離婚裁判によって決着をつけなければならないケースも出てくるでしょう。 裁判をするという …

容姿の変化は浮気相手の好み?髪型・服装・下着が変わったら要注意

容姿の変化は浮気相手の好み?髪型・服装・下着が変わったら要注意

浮気をすると、容姿が変化することがあります。顔がイキイキしたり笑顔が多くなるという変化もありますが、それよりももっとわかりやすい見た目に関する変化が起こることがあるのです。 これから紹介するような変化がパートナーに見られ …

急な徹夜や外泊は酔った勢いで浮気の可能性大!休日前なら絶対クロ!

急な徹夜や外泊は酔った勢いで浮気の可能性大!休日前なら絶対クロ!

「仕事が忙しい人」とは思っていても、どんなに夜遅く帰って来ても、たった一度、突然の外泊がなければ何も疑いはしなかったのにとの声が誰から上がっているか、と言うと。 彼氏、彼女や夫、妻など、パートナーに浮気を「された」経験が …

先輩後輩の関係から浮気に発展!学校や職場に潜む危険とは?

先輩後輩の関係から浮気に発展!学校や職場に潜む危険とは?

同僚、同級生とは違う意識を持って接するのが先輩、後輩です。憧れや尊敬、面倒を見てあげたいなどの複雑で豊かな感情を抱く結果、恋愛関係にも発展しやすい面を持ちます。 先輩後輩の関係から浮気、不倫に発展する場合について考えてみ …

ユーザーの口コミ評判で選んだ探偵事務所・興信所のおすすめランキング