浮気調査の探偵ポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気不倫の代償はいくら?慰謝料の相場と限界までお金を搾り取る方法について

    

浮気不倫の代償はいくら?慰謝料の相場と限界までお金を搾り取る方法について

浮気や不倫をされて泣き寝入り、これでは納得いきませんよね。信じていたパートナーに裏切られたのであれば、その相手にはしっかりと代償を支払ってもらわなければいけません。

しかし、感情的になって暴力に訴えれば、その行為自体が罪に問われてしまいます。冷静になり、やはりパートナーや浮気相手に慰謝料を請求するという行動に出るのが正しい選択でしょう。

できるだけ多くの慰謝料をゲットするためにはどうすればいいのか、ここでは慰謝料の相場と一緒にその額をアップさせるために必要な要素なども合わせて紹介していきます。

[ad1]

浮気や不倫後の状況によって異なる慰謝料額

浮気や不倫をされた場合に請求する慰謝料の額を、そのまま丸々受け取れるとは限りません。裁判を起こせば最終的には裁判官が判断することになり、請求額に全く満たないこともしばしばあるのです。場合によっては、一切の慰謝料を受け取れないなんてケースもなくはありません。

では、裁判官は浮気や不倫をした人に対しどのくらいの額を慰謝料として支払う義務を命じてくれるのでしょうか。この慰謝料の額はあらゆる状況によって異なるものの、少なくて50万円ほど、高くても300万円ほどと言われています。

例えば、浮気や不倫をされたとしても夫婦関係を解消しないという選択をする人もいるでしょう。その場合には取ることができても100万円ほどとなり、すぐに修復が可能であると判断されれば50万円程度にとどまるという判決が多いようです。

すぐに離婚ということではなく別居という選択をするのであれば、150万円前後が相場となるでしょう。このケースでは高くても200万円程度が限界ではないでしょうか。

もし浮気や不倫が直接的な原因となり離婚となれば、最大で300万円ほどの慰謝料を受け取ることも不可能ではありません。ただ、相場として考えるならば200万円から250万円ほどとなると考えられます。

このように、浮気や不倫をした後、あるいはされた後の状況によって慰謝料の額は異なると思っておきましょう。その行為がどれだけ婚姻生活にダメージを残したのか、これに左右されると言ってもいいのではないでしょうか。

慰謝料を受け取るために必要なモノ

本当にパートナーが浮気や不倫をしていても、裁判等で必ず慰謝料を受け取れるとは限りません。慰謝料を受け取るためには、必ず用意しておかなければいけないものがあります。

それは、パートナーが浮気や不倫をしたという証拠です。

慰謝料を請求する側からすれば、この証拠を得ることが最も重要であり、最も高いハードルとなるはず。しかしこれがなければ慰謝料を受け取ることはおろか、請求することすら難しいのです。

パートナーと浮気相手が一緒にホテルに入っていく写真や映像、不貞行為に及んでいる時の写真や映像、不貞行為に及んでいることが誰の目から見ても明らかなメールやメッセージのやりとり、こうしたものが複数出てこなければ浮気や不倫をしていたと断定できず、慰謝料を受け取ることはできません。受け取れたとしても少額にとどまり、相手に経済的なダメージを与えることはできないでしょう。

慰謝料を最大限請求し、それを認めてもらいたいのであれば、この証拠をしっかりと押さえておく必要があります。

証拠以外で慰謝料の額に影響する要素とは

慰謝料が受け取れるかどうか、そしてその額は、浮気や不倫の証拠以外によって変わるもの。しかし、証拠以外にも、慰謝料の額に影響を及ぼす要素がいくつかあります。

例えば、浮気をされた側の日頃の態度が影響することもあるでしょう。浮気をしたパートナー側が性交渉を求めていたにもかかわらずそれに一切応じなかったとなれば、多額の慰謝料を受け取ることは難しくなる傾向があります。夫婦であるにもかかわらず性交渉が一切ないとなれば、他の人と浮気や不倫をしてしまうことに同情する一定の余地はあると判断されるためです。

また、浮気や不倫が1回や2回といった非常に少ない回数であれば、これも慰謝料を目一杯受け取るのは難しいのかもしれません。加えて、短期的な浮気の場合も慰謝料減額の傾向があることを知っておきましょう。

逆に、長期的に浮気や不倫を繰り返していた場合には限界まで慰謝料を請求できるケースが出てきますし、過去に浮気等をしており、「もうしない」などと覚書等を残していたにもかかわらず再びしてしまった場合にも、慰謝料額がアップする可能性が出てきます。

謝罪の程度や浮気発覚後の状況などによって慰謝料ダウンにつながることもあるので、これも押さえておきましょう。例えば、浮気相手がその行為によって退職を余儀なくされたり、開き直ることなく真摯に謝罪をしていれば慰謝料が抑えられてしまうケースが出てくるのです。

このように、慰謝料の額はあらゆる要素によって変化します。単純に「浮気や不倫をされたから」という理由で最大限の額を受け取れるわけではないことを頭に入れておきながら、どのようにこの額を上げていくのかを考えていかなければいけません。

精神的苦痛を客観的に裏付けることも重要

浮気や不倫をしたという確かな証拠、そして、それによって夫婦の状況がどう変わったのか、さらには、浮気の回数や不倫をしていた期間、浮気相手の反省度などによって慰謝料が請求できるか否か、あるいはその額が決定すると説明してきましたが、できるだけ多くの慰謝料を受け取りたいと考えるならば、もう1つ用意しておかなければならないものがあります。

それは、パートナーに裏切られたことによって自分がどれだけのダメージを受けたのかという客観的な裏付けです。

一言で言ってしまうと、医師からの「診断書」、これを用意しておけば、慰謝料の額をさらにアップさせられることは間違いありません。

夫婦関係にもたらしたダメージも重要ですが、自分自身の精神的ダメージ、この大きさに慰謝料の額は大きく左右されると思っておきましょう。パートナーの裏切りによって鬱病になったり精神が不安定になったり、それが原因で体調や生活、仕事などに悪影響が出てくれば、精神科や心療内科等で診断書を作成してもらうことができます。

これほど慰謝料に影響を与える要素もないでしょう。慰謝料とはそもそも、精神的ダメージを受けたことに対して支払われるものですから、それを証明することこそが、慰謝料の額を大幅に上げるために必要な要素であることは間違いないのです。

慰謝料の請求や受け取りが困難なケース

最後にお伝えしたいことは、慰謝料の請求や受け取りがそもそも難しいケースです。

これは比較的単純で、浮気や不倫をされた時点で夫婦の関係がすでに破綻していれば、慰謝料の請求は難しくなるでしょう。また、証拠の集め方が違法な手法によるものであった場合も慰謝料請求は困難となります。

これらは慰謝料を請求された相手が証明することになるものですが、相手の反撃に合わぬよう頭に入れながら策を練っていく必要があるでしょう。

数千万円もの慰謝料を請求するのは日本では難しいものの、ここで説明したことを頭に入れ一つ一つの証拠や必要な要素を集めていけば、最大限の代償を相手に支払わせることができます。そのためには冷静になり焦らずに積み上げていくことが求められるでしょう。

この記事に共感できたら

こちらのページもおすすめ

車のガソリンの減りが早いのは浮気や不倫をしているから?

車のガソリンの減りが早いのは浮気や不倫をしているから?

パートナーが所有し、日々使用している車のガソリンメーターをチェックしたことはありますか?その車にどのくらいの量のガソリンが残っているのかを示してくれているものです。 最近、もしこのガソリンメーターの減りが早いなと感じたら …

今朝と違う匂い?帰宅後の体臭で分かる旦那の浮気!

今朝と違う匂い?帰宅後の体臭で分かる旦那の浮気!

浮気や不倫をする人は、もちろんそれを隠そうと努力します。証拠を残さないようにするわけですが、そのような努力をしたとしても残ってしまう「証拠」が必ずあるのが現実。完璧に証拠を隠滅することはほぼ不可能なのです。 浮気や不倫を …

探偵に頼らない!誰にもバレずに自分で浮気調査をやる時のコツは?

探偵に頼らない!誰にもバレずに自分で浮気調査をやる時のコツは?

パートナーがどうやら浮気をしていそうだけれども、しかしその調査を探偵に頼るとお金がかかってしまう。そう考えて浮気調査依頼ができないと悩む人も多いでしょう。かといって、友人などに浮気調査を依頼するのもリスクが高い。何よりも …

医療福祉業界の夜勤や宿直は不倫の巣窟!男女二人体制ならまず疑え!

医療福祉業界の夜勤や宿直は不倫の巣窟!男女二人体制ならまず疑え!

不倫をする人がすべてだらしなく、節操がないのかと言うと全く違うようで、例えばだらしなくては業務上支障があるような職種、医療福祉従事者は不倫経験者が多いのでは?と言われることがあります。 一昔前なら「医者とナース」が浮気、 …

風俗は浮気?離婚して慰謝料や養育費は取れるのか?

風俗は浮気?離婚して慰謝料や養育費は取れるのか?

もし自分のパートナーが風俗に通っていたら…。考えただけでも怒りがこみ上げてくる人もいるでしょう。 風俗に通うことを浮気と捉える人は多いと思います。しかしそれは、例えば会社の同僚やナンパ・合コンなどで知り合った人と浮気をす …

ユーザーの口コミ評判で選んだ探偵事務所・興信所のおすすめランキング