浮気調査の探偵ポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

出張と偽って不倫旅行する夫!行き先や浮気相手を見抜く方法とは?

    

出張と偽って不倫旅行する夫!行き先や浮気相手を見抜く方法とは?

不倫も長く続けるにはコツがあるようで、手を変え品を変えて刺激を維持し続ける必要性があり、通常の恋愛関係よりも難易度としてもハイレベルです。

例えば毎回同じホテルで会うだけでは飽きてしまいます。不倫は「バレてはいけない」と気を付ける必要があり、つい行動パターンが定着しがちです。そこで時々遠出したり、宿泊付きで旅行したり、工夫する不倫カップルが多いのです。

常套句は「出張」です。明らかに怪しい、と感じたら…チェックすべき重要項目をご紹介いたします。

不倫旅行をする男性の特徴

正直、「不倫旅行先トップ10」とか「不倫旅行人気ナンバーワン」などの情報を探しても、てんでトンチンカンな調査になることが良くあります。それは、これらの情報からは「よく不倫をする人」の傾向が分かるだけで、あなたの夫の傾向と合致しない可能性もあるからです。

まずは夫の性格や好み、思考傾向などをよく考えてみましょう。

定番コースが好き?

失敗を強く恐れるタイプか、と言う観点でもよいでしょう。道を間違えるのが怖かったり、下調べせずデートなんて絶対にしない人、外食で決まったお店にしか行きたがらなかったり、同じもの以外注文しなかったりも。

「知っていること」に安心し、知らないことを嫌う人の場合は、もしかしたら家族旅行や昔デートで使ったプランを使いまわすかも知れませんし、故郷や学生時代に暮らした町などを使うこともあるでしょう。

めんどくさがりの場合も、このように行動することがあります。5回に出張のうち1回が浮気旅行、日程や行先が同じなら、見抜くのはとても難しい事です。「嘘をつくことの何て面倒なことか」と感じる人は、移動時間も運賃も、行先の状況も嘘をつく必要がない条件を選ぶことがあります。

相手に染まりやすいタイプ?

すぐに感化されちゃう男性の場合は、相手の女性の好みや傾向に引っ張られてしまうこともあります。その場合、日常でも変化が現れるでしょう。

サラダは苦手なはずだったのに急に積極的に食べ出したり、絶対自分で服なんて買わない人が、靴やネクタイなど、ファッションアイテムを買って来たり、ジャズしか知らないような人なのに突然パンクに目覚めた、といった具合です。

女性主導の不倫旅行では、華やかで明るい人気のリゾート、買い物スポットなどへ連れていかれるケースがあります。ちょっと遠い場所へ行きたがるかも知れません。

資金はある?金銭的価値観は?

不倫には資金が必要です。旅行ともなると、一気に数万円以上の出費になりますから、おこづかいを考えると、自ずと行先が分かります。

もし完璧に経済面を妻側で管理できている自身がある場合、その予算を考えてみましょう。近場で済ませるしかないのか、飛行機に乗れるかなど、ある程度目安が分かります。

しかし夫の性格から、普段はケチなクセに、見栄を張ってこういう時には豪華な旅行をしたりも。過去の夫の行動を思い出して、どのくらい費用をかけるか想像してみましょう。

また女性が裕福な場合、費用は女性持ちと言う場合があります。相手女性が誰か分からない場合は要注意です。

浮気相手は誰なのか?

「夫の傾向と対策」の内容でも少し触れてありますが、不倫旅行には相手の女性の意向が大きく反映されているケースもあります。むしろ女性が行きたいところだったり、女性が資金を提供していることもありますので、相手をいち早く突き止めることで旅行先も絞れる可能性が高まります。

職場内不倫

もっとも多いケースだと言われています。仕事時間は一日の大半を占めますし、目的を同じくする協力関係とも言えます。切磋琢磨したり、フォローし合ったりすることから心が通いはじめ、恋愛関係に至ったり、都合の良いもの同士、不倫関係を割り切ったりします。

この場合は仕事、プロジェクトの一員として出張に同行していることも。出張がそのまま不倫旅行になっている、最も厄介なシチュエーションです。

地方妻

しょっちゅう出張したり、数週間以上の中・長期出張の場合、現地で女性ができてしまうケースがあります。不倫や浮気と少し違いますが、出張は案外楽しいものだ、と言う男性も。地方の風俗やデリヘル(デリバリーヘルス)を気兼ねなく利用できるから、だそうです。

滞在先とは別にラブホテルなどを利用したり、飲食代が二人分だったりしますが、不倫旅行でカードを使わない人も多いです。この場合は現金で支払いますが、人間は完璧にはできていません。うっかりレシートがあったり、ホテルのポイントカードをもらって来ていることもありますので、持ち物を良く見てみましょう。

自分と逆のタイプの女性を好む?

浮気相手だから、そもそもの相手の奥さんに似ているかも、と思うかも知れませんが、実は真逆の人を浮気相手にすることが多いです。

例えば堅実な奥様をお持ちの旦那さんは、少し抜けているような、天然系の女性とお付き合いしていたり、素朴な女性が好きだと思っていたら、ド派手なギャルが出て来た、なんてことも。

要は現実では叶わない夢を求めるのが不倫関係です。完璧な女性と結婚していても、何となく引け目を持ってしまうと、安らぎを求めて事務職の地味なOLと不倫することもある、と言うことです。

出張と偽った不倫旅行を見抜く方法

では以上の考察を踏まえて、実際に不倫旅行の行先と不倫相手を突き止めて行くために、何をするべきかを考えてみましょう。

疑っていますよ、とビームを発することなく夫の周辺を調査することが何より大事です。不倫なんて!頭に来ますが慎重に、冷静に行動しましょう。

スマホをチェックする時のポイント

家族の不倫の証拠をつかみたい時に、今一番やってしまいがちなのが、このスマホ、ケータイチェックだと思います。でも心配に駆られて頻繁にやってしまうと、逆に相手である夫に訴えられてしまうこともあります。

スマホやパソコンは、かなり個人的な情報がたくさん集まっています。夫婦、家族とは言え見てほしくない内容もあるし、秘密にしたいこともあって良いもの、法的にも守られるべきプライバシーです。

やるなら一度のみ、チェックすべきはアドレス帳ではありません。通信履歴、検索履歴、お気に入り登録など、頻繁に利用するだろう部分です。データフォルダの画像を流し見して、気になるものがあったら画面ごと自分のスマホで撮影しましょう。履歴が削除されている時も怪しいことがあります。

尾行はGPSか探偵を利用しよう

出張に出掛ける夫の跡をつけるのですが、素人が尾行するのは本当に難しいです。盗聴器や発信機を付けることを考える人もあると思いますが、ちょっと大変だし心も痛みます。

1回限りの裏技としては、「自分のスマホを荷物に潜り込ませておく」と言うものがあります。これは妻が荷造りを手伝う習慣がある場合に、1回だけ有効です。カバンの奥の方に「うっかり」(を装って)GPSアプリをつけた奥さんのスマホを隠しましょう。同時にもう一台スマホを用意しておきましょう。

現在地が随時、一目瞭然となります。もし怪しい部分が何にもなければ頃合いを見計らって「私のスマホ入ってない?探してるんだけどないんだよ」と家の電話から慌てた様子でどうぞ。

次回からはかなり警戒されますので、「今回絶対怪しい」と言う時の奥の手です。

この他、調査のプロ、探偵などに尾行を依頼する方法もあります。浮気の事実のみではなく、浮気相手や手口も克明になるでしょう。ただし費用は必要になります。

この記事に共感できたら

こちらのページもおすすめ

浮気調査で探偵や時間の水増し?待機を理由に追加料金を取る悪徳業者に注意

浮気調査で探偵や時間の水増し?待機を理由に追加料金を取る悪徳業者に注意

浮気調査を行う探偵事務所に、あまりいい印象を持っていない人はまだまだ多いようです。「不当に高い費用を請求されてしまう気がする」と感じることが一つの理由になっているようですが、これは仕方がないことかもしれません。 浮気調査 …

SNSで浮気発覚!FacebookやTwitterは証拠の巣窟だった!

SNSで浮気発覚!FacebookやTwitterは証拠の巣窟だった!

まさか自分の夫や妻、恋人が浮気をしているとは思っていなかったとしても、SNSからその事実を知ってしまうこともあるでしょう。 すでに浮気の兆候や気配を感じており、どうにかしてその真偽を確かめたいと思っている人も、パートナー …

我家なのに席を外して電話?仕事じゃなくて浮気相手の可能性も!

我家なのに席を外して電話?仕事じゃなくて浮気相手の可能性も!

浮気や不倫の相手というのは、浮気をしている側からすると時に厄介な存在。本来のパートナーと一緒にいる時に電話をかけたりなど、ちょっかいを出してくることがしばしばあるからです。浮気をしている方からすれば、ただの遊びである可能 …

浮気調査での失敗例 5選!時間とお金が水の泡体験談!

浮気調査での失敗例 5選!時間とお金が水の泡体験談!

恋人や夫、あるいは妻の浮気を疑ったら、その証拠を掴むために探偵事務所に調査を依頼する。これはごくごく自然な行動です。浮気をされて、もしくは嘘をつかれたままで関係を続けるなんて、ツライだけですよね。 でも、今すぐに浮気調査 …

誰にも頼らず浮気の証拠を自分で入手する手順

誰にも頼らず浮気の証拠を自分で入手する手順

浮気調査を探偵に依頼すると、非常に高額な調査費用を請求されます。それで証拠が手に入ればいいのですが、もし手に入らなければ、その高額な調査費用は捨てたも同然。そもそも、そんなお金を持っておらず、探偵に依頼することすらできな …

ユーザーの口コミ評判で選んだ探偵事務所・興信所のおすすめランキング